<form id="dfpvd"></form>

      <form id="dfpvd"><listing id="dfpvd"><meter id="dfpvd"></meter></listing></form>

        对仙台七夕庙会的研究-以观光化为中心[日语论文]
        文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
        文章字数: 8698 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-06-28
        加入收藏

        仙台七夕祭りに関する研究一観光化を中心に[日语论文]

        摘要

        日本的“七夕”在节日里是一个独特的存在。七夕是奈良时代从中国传到日本的。天皇和贵族们在白天观赏相扑,晚上就举行七夕歌宴。日本最初的乞巧节也是这个时期的。在平安时代乞巧奠还不是民间的节日活动,而是作为朝廷贵族乞求才艺发达的祭祀活动。江户时代,“五节句”的成立,“七夕”在平民之间就被推广了。七夕活动也在家家户户隆重举行,“七夕”也就进入了全盛时期。

        七夕节在日本的仙台有约一千年的历史,仙台的七夕从装饰到各种都有很多典故。纸衣服可以追溯到中国古代的女孩子的“乞巧节”。但是,已有一千年历史的仙台七夕祭经过了中世纪,又到了近现代,已经渐渐衰退了。现在的仙台七夕节,从19世纪20年代开始的,当地商店的经营者为吸引游客而兴起的,作为一个旅游化成功的典型,因此作为旅游资源,对当地的经济做出了很大的贡献。本论文通过仙台七夕节的历史变迁,以旅游化为中心,做战前和战后的旅游化的比较,想向中国的节日的旅游化做有益的建议。

        关键词:  仙台七夕庙会;成立;观光化

        主旨

        日本の「七夕」は祝日の中においては独特なものである。七夕は奈良時代ころ中国から日本へ伝えられた。天皇と貴族は昼間に相撲を観賞して、夜に七夕の歌宴を行っていた。日本で最初の乞巧奠が行われたのもこの時期である。平安時代でも乞巧奠はまだ庶民の行事ではなく、芸事の上達を願う宮中の行事として行われていた。江戸時代に入ると、「五節句」の成立によって、「七夕」が庶民に広まってきた。七夕行事も家々に盛大で行われて、「七夕」はいわば全盛期に入った。

        七夕祭りは日本の仙台で約一千年の歴史があり、仙台の七夕は飾り入りから出舟までその物語りがある。紙服は古代中国の女の子の「乞巧奠」まで遡ることができる。しかし、一千年を誇る仙台七夕祭りは中世を経て、近代になると次第に衰退してきた。今の仙台七夕祭りは、19世紀20年代から現地商店の経営者が観光客を引きつけるために興したもので、観光化に成功した典型となって、観光資源として地域経済に多大な貢献をしたのである。本論文は仙台七夕祭りの歴史的変遷を通じ、観光化に焦点を当て、戦前および戦後の観光化の比較を試み、中国の祭りの観光化に有益な提言をしたい。 

        キーワード:  仙台七夕祭;成立;観光化

        image.png

        上一篇:从“御宅族”一词考察中日文化差异[日语论文]
        下一篇:祗园祭文化探析[日语论文]祇園祭文化について
        相关文章推荐: TAG: 仙台七夕庙会 观光化
        万恒彩票平台|官网_首页