<form id="dfpvd"></form>

      <form id="dfpvd"><listing id="dfpvd"><meter id="dfpvd"></meter></listing></form>

        论吉川英治小说《宫本武藏》中的武士道精神[日语论文]
        文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
        文章字数: 8929 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-06-28
        加入收藏

        『宮本武蔵 』から見た武士道精神の研究[日语论文]

        摘要

        武士道是大和民族的灵魂,是日本的象征。武士道精神提倡的忠诚、勇敢、礼节、克己、名誉等德育成为古代日本武士的一套行为规范,也深刻地影响着现代的日本社会。吉川英治在日本被誉为国民作家,在吉川英治的作家生涯中,最杰出的代表作就是《宫本武藏》。书中的主人公宫本武藏,从幼小的时候开始就酷爱剑,13岁的时候,第一次参加剑道比赛就打赢了,自此之后便开始一边游巡诸国一边一个劲的磨练自己的剑道。武藏虽是一名武士,但他所追求的不是凭武力取胜,而是以精神取胜,从而受到人们的尊敬。本文通过对吉川英治的小说《宫本武藏》的创作背景、主要内容及特色进行分析,结合武士道精神的含义、宫本武藏在小说中的表现和他的追求,阐明小说主人公宫本武藏所体现的武士道精神。

        关键词:  吉川英治;宫本武藏;武士道

        主旨

        武士道は大和民族の魂であり、日本の象徴である。武士道精神において重視されている忠誠、勇敢、礼儀、克己、名誉などの徳目は武士の時代に形成された武士の行動規範であり、現代の日本社会にも深い影響を与えている。吉川英治は日本の国民作家が、彼の作家生涯において、もっとも重要な作品は『宮本武蔵』である。主人公宮本武蔵は幼少の頃から剣を好み、13歳の時、初めて試合をして打ち勝ち、以後、諸国を巡って剣の道一筋に自分を錬磨しました。武蔵は武士として、彼が追求する武力より精神で敵に勝つ道は人々に尊敬されている。本論文では、吉川英治の小説『宮本武蔵』という作品の創造背景、主要な内容、特色を分析すると、武士道精神の意味、文中で宮本武蔵の表現と彼の追求することを結びつけて、小説で宮本武蔵という人物に現れる武士道精神について述べる。

        キーワード:  吉川英治;宮本武蔵;武士道

        image.png

        上一篇:从《竹取物語》和《斑竹姑娘》考察中日文化的异同[日语论文]
        下一篇:《嫌疑人X的献身》中石神的“献身”与东野圭吾社会派推理小说的特征研究[日语论文]
        相关文章推荐: TAG: 武士道 吉川英治 宫本武藏
        万恒彩票平台|官网_首页