<form id="dfpvd"></form>

      <form id="dfpvd"><listing id="dfpvd"><meter id="dfpvd"></meter></listing></form>

        关于日本泡沫经济和中国房地产过热的比较分析[日语论文]
        文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
        文章字数: 10082 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-06-26
        加入收藏

        日本のバブル経済と中国不動産過熱についての比較分析[日语论文]

        摘要

        进入21世纪,中国房地产市场开始迅猛发展,这几年更充当了拉动经济的角色。但与此同时民间过分的投机需求,银行无视经营风险,增加信贷额度,泡沫现象已初见端倪。虽然社会各界关于中国房地产市场是否存在泡沫经济一直没有定论,但我国房地产投资增速和房地产开发投资占全国社会固定资产投资比重都超过了国际公认的警戒线。因此与之相似的20世纪90年代日本曾出现的泡沫经济就收到了各方的重视和再次的研究。

        本文首先考察了日本房地产泡沫的产生原因和经济环境,在此基础上,着重分析了中国房地产市场存在的类似经济因素,结合中国特有的制度性和文化因素,并对二者作出了分析和对比。虽然中日经济不同,但是日本泡沫经济的经验教训还是有比较大的借鉴意义的。认真研究日本泡沫经济的形成破灭,再对比我国现状,可以找到一些对我国经济发展有益的一些经验教训。

        关键词:  房地产市??;泡沫经济;对比;分析

        主旨

        21世紀に入り、中国不動産市場が急速に発展し、ここ数年は経済発展の役割を牽引してきている。しかし、同時に、民間の過度の投機需要、銀行は経営リスクを無視し、クレジット限度額、バブル現象はすでに見たことがある。社会各界は中国不動産市場にバブルが存在しているかどうかの議論も絶え間ない。中国の不動産投資の伸び率や不動産開発投資が全国社会固定資産投資の比重を国際公認の警戒線を超える。これは、20世紀90年代の日本のバブル経済は、各方面の重視と再度の研究することである。

        本文はまず考察した日本の不動産バブルの発生原因と経済環境に基づいて、重点的に中国の不動産市場存在する類似経済要因を分析し、結合中国特有の制度性と文化の要素を作り出して、二者の分析と対比することである。日本バブル経済の教訓は、日本のバブル経済の経験としては、大きな参考に、意味がある。日本のバブル経済の形成の崩壊、また我が国の現状、経済発展に有益な経験を見つけることができる。

        キーワード: 不動産市場; バブル経済; 対比 ; 分析

        image.png

        上一篇:稻盛和夫的阿米巴经营[日语论文]稲盛和夫のアメーバ経営
        下一篇:论日本便利店的经营战略-以“7-11”为例[日语论文]
        相关文章推荐: TAG: 泡沫经济 房地产市场
        万恒彩票平台|官网_首页