<form id="dfpvd"></form>

      <form id="dfpvd"><listing id="dfpvd"><meter id="dfpvd"></meter></listing></form>

        论日本便利店的经营战略-以“7-11”为例[日语论文]
        文档价格: 1000金币立即充值 包含内容: 完整论文 文章语言: 日语
        文章字数: 7998 字 (由Word统计) 文章格式: Doc.docx (Word) 更新时间: 2019-06-26
        加入收藏

        日本のコンビニエンスストアの経営戦略について―「セブンイレブン」を例として[日语论文]

        摘要

        日本的便利店已经分布到了日本的各个地方。不管是城市,还是小镇,都能看到不同的便利店。日本人的生活已经离不开便利店了。因为是不同的便利店,所以特别的商品也是有些不同的。在这些便利店中,711、全家、罗森等三家店特别受欢迎,人气最高。在美国诞生,在美国发展,具有典型美式资本主义象征的711,原本在日本是不存在的,现在711却在日本迅速地发展,已经成为日本人日常生活不可欠缺的部分了,这绝不是偶然。其获得巨大的利益,并且凌驾于日本全体便利店的711,是因为拥有强大的经营战略来运营公司。

        本论文,先从711的历史和发展来简单地进行研究,综合地分析711的现状。然后,从711的三个经营战略来论述,来解明这些问题点。

        关键词:  便利店;经营战略;连锁店;便当

        主旨

        日本におけるコンビニエンスストアはすでに日本の各地に分布している。都市でも、町でも、別々のコンビニエンスストアが見える。日本人の生活はコンビニが離れない。別々のコンビニエンスストアだから、特別な売り物も少し違う。コンビニエンスストアの中でセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど三つの店が特に人気がある。アメリカ生まれ、アメリカ育ち、典型的なアメリカ式資本主義の象徴であったセブンイレブンは、元々は日本には存在しなかった?,F在セブンイレブンは日本で著しい成長を遂げ、日本人の日常生活で欠かせない部分になっている。それは決して偶然ではない。莫大の売上高を獲得し、日本のコンビニエンスストア全体を君臨しているセブンイレブンは、強大な経営戦略で会社を運営している。

        本論文は、まずセブンイレブンの歴史と発展について簡単に考察し、セブンイレブンの現状について統合的に分析する。それからセブンイレブンの経営戦略を三つの方面から論じながらその問題点を解明することを目的とする。

        キーワード: コンビニエンスストア; 経営戦略; チェーン店; 弁当

        image.png

        上一篇:关于日本泡沫经济和中国房地产过热的比较分析[日语论文]
        下一篇:论日本式拉面店的经营战略-以味千拉面为例[日语论文]
        相关文章推荐: TAG: 便利店 连锁店 经营战略
        万恒彩票平台|官网_首页